【これで完璧】ソフトバンクから格安SIMへのMNP乗り換え手順

【これで完璧】ソフトバンクから格安SIMへのMNP乗り換え手順

ソフトバンクからMNPを使って格安SIMに乗り換えると言っても難しい手続きは必要ありません。

 

ソフトバンクショップ店頭で申し込みを行うことも可能です。

 

ここではソフトバンクからMNPを使う場合の手順や注意点について解説します。

 

 

 

ソフトバンクを解約する前に

 

MNPは電話番号を他社に引き継ぐのみなので、利用すると同時にソフトバンクから提供されるその他のサービスは解約となります。

 

ですから毎月割などの割引制度はMNPを利用すると同時に解約になりますし、ポイントも解約となります。

 

またキャリアメールも引き続ことはできません。

 

ただし携帯本体の分割払いは引き続き分割で支払うことが可能であり、一括で支払う事を求められるような事はありません。

 

もう一つが契約によって解約手数料がかかる可能性があるということです。

 

いわゆる二年縛りと言うもので、契約によって支払う料金や支払わなくてもいい期間などは異なるのであらかじめ確認しておきましょう。

 

 

 

MNP予約番号を取得する

 

MNPを行う場合、ソフトバンクからMNP予約番号を取得する必要があります。

 

手数料は基本3000円一部の条件で5000円、翌月の料金請求と同時に支払う事になります。

 

MNP予約番号はソフトバンクショップもしくは電話から受け取ることが可能であり取得後、新規申し込みを行う格安SIMに対してMNP予約番号と一緒に申し込みを行えば完了です。

 

MNP予約番号の有効期限は15日間で、その間に申し込みを行わなかった場合、番号は無効となります。

 

その場合再度取得する事になりますが、MNP予約番号を利用しなかった場合は発行手数料は請求されません。

 

またMNPは「加入者名義で他社に番号を引き継ぐ」制度なので、名義人以外はMNP予約番号は使えません。

 

家族名義で利用しているという人などは注意しましょう。